2010年09月23日

節水弁

今年の夏は記録的な猛暑で家庭においては電気代、水道代が気になるところですね。
そこで節水弁の紹介です(もう秋だ!)。
私の知り合いたちんの開発製品です。
試行錯誤の上やっと商品化されました。
パッケージにあるようにシャワーやカランの付け根に取り付けるのですが構造がとてもシンプルで
取り付け簡単、誰でも取り付け出来るところが気に入ってます。
製品の組み立てからパッケージングまでとある授産施設が担当してますので環境と障害者の仕事作りに貢献します。
効果のほどは自宅で検証中です。
節水弁 001.jpg
この商品、水が出にくくなるのでなく使用時に節水効果を感じられないのですが水道料金を見て「ニコ」っと実感するところが凄いです。
節水弁 002.jpg
弊社の環境への取り組みの一つで、弊社のお客様には無償で取り付けさせていただいています。
一般の方にもお分けできますのでHPから問い合わせしてください。
posted by mitsu at 14:14| Comment(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

檜のテーブル

事務所の改装に伴い打ち合わせテーブルを作りました
事務所 024.jpg
倉庫のストック材を利用してます。
檜の根木(株に近い曲がった物)をどう使おうかいろいろ考えてましたが2枚はぎ合わせることで必要巾を確保しました。
事務所 028.jpg
虎杢が出て意外と面白いです。暴れるか心配ですが今のところ大丈夫です。
塗装は透明のシリコン系を片側に塗り、他方は無塗装にしました。
経年変化を比べようと思います。
このように一枚板に価値があるように思われがちですが、確かに大径木は貴重ですが、「足りなきゃ足そう」の発想もアリかなと思います。
posted by mitsu at 11:29| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

松のテーブル

以前納品した無垢材のテーブルを見てきました。
平成17年6月納品ですからもう5年経っているので反りや曲がりが出てないか
経年変化をチェックしました。
山口邸テーブルその他 007.jpg
当時提案したのは広いダイニングに大きな長テーブル
全長2700mmもあるとその存在感といろんな事を同時に出来ますね。
樹種は中国松、厚60mm、無節です。
白太の部分に2,3箇所小さな虫食い穴がありましたがこれも愛嬌
材木問屋で見つけた時一目惚れでした(笑)
ホントは私が使いたかったんです。
山口邸テーブルその他 012.jpg
天板は鏡のようにたいらのままで反りや歪みはありません。
一安心しました。
仕上げはオイルフィニッシュ、ワトコオイルを使用しました。
よく汚れたりしないかと聞かれますがしっかりふき取れば大丈夫です。
気になるようならペーパー掛けで、再塗装すれば良いし、日曜大工で出来ます。
山口邸テーブルその他 013.jpg
テーブルの足に注目
冬場は横に向けて座卓になり、鍋パーティーに最適です。
余談ですが床材の中国桜材は床暖房しても全く問題なしでした。
posted by mitsu at 11:58| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。